蓮華 Final【完結】

第五章 総長消失 /繰り返すようですが





ユウ曰く“蓮華”は学ぶ集団らしい。


ちゃんと過去にあった事は忘れない………らしい。





「ジュンの奴どこ行ったんだよ~」




そうユウが言った瞬間部屋にいた五人の鋭い視線が順々にぶつかった。



その目でした会話の内容は“まさかまたなのか”というもので、皆個々に思う事があるのか口を閉じてしまい、変な空気が流れる。



そんな中イブキが戸惑い気味に先陣を切った。



「ま、まぁ落ち着け。アイツの放浪癖も今に始まった事じゃねーよ」



そう言いながらも煙草を吸い始める。


落ち着かないらしい。



「せやけどイブキ、半月やで半月」


「そうだよ~流石に長過ぎない?」




――――………ジュンが姿を消して半月。



最後に会ったのは私の誕生日から数日後のことだった。



姿が見えない上に連絡も付かない。



それでも皆冷静なのは…“蓮華”が学ぶ集団だから。



「そういえば前にもこんな事あっ……………」



そうユウが言った瞬間再び五人の鋭い視線はぶつかった。




0
  • しおりをはさむ
  • 1892
  • 4194
/ 341ページ
このページを編集する