逆様少女Ⅳ【完結】





一歩、また一歩と亮は近付く。



「…ナリは無事なのか答えて」


「大事な人を殺した仇がいるっていうのにブレないね。アンタは」




私がここに来たのは、ここに私のトモダチがいるからだ。


他に理由なんてない。




「言っておくけどアンタと同じ。自分から来たからねナリくん」


「私と一緒ってことはアンタに脅されたってわけ」




そう言うと彼は薄らと笑う。




「まぁ、人の話は聞くものだよ。後で出してあげるから待ちな」


「……アンタの話なんて心底どうでもいい」




その笑みが心底気に入らない。


鋭く亮を睨み付けた瞬間、ヤツの目の色が変わったのが分かる。




「俺が話すんだよ!」




ガンッ!と顔の横に拳をたたきつけられ、動じるまいと口元を固く結ぶ。




0
  • しおりをはさむ
  • 1612
  • 4063
/ 368ページ
このページを編集する