逆様少女Ⅳ【完結】





「兄貴!ここ教えてよ」



それはただの俺の兄貴だった。




「よし、じゃあ出かけるまでな」




背丈が高く人当たりもいい、頭の出来も良かった。


そんな兄貴に勉強を教わるのが日課だった。



家は普通だと思う。


強いて特異な点を言うなら家政婦がいることと、少し堅苦しいことくらい。


他の何よりも仕事を優先させる両親は有り余る金を掛けて俺達を育てた。


ただそれだけの話。



それで良かった。


俺には兄貴がいたから。


兄貴は両親には内緒でよく外へ連れて行ってくれた。



だけど俺が小学校高学年くらいの時だった。


兄貴がよく家を空けるようになった。



家には他人である家政婦と二人だけになった。


家政婦と数時間共にする家。何もない家。


空っぽ。





0
  • しおりをはさむ
  • 1612
  • 4063
/ 368ページ
このページを編集する