逆様少女Ⅳ【完結】

第十六章 /逆様少女、不安







あの時の私は、人との関わりを。


人の狂気を。


恨みを嫉妬を。


人の汚い部分を。



何も知らなかった。



それを初めて目の当たりにした時、自分を含めた人間すべてに嫌悪し人を遠ざけた。



今もそう、何も分かってなんかいないのかもしれない。



私はただの無知だった。






0
  • しおりをはさむ
  • 1612
  • 4092
/ 368ページ
このページを編集する