逆様少女Ⅳ【完結】






「貴方は私を恨んでいないのね」


「………」


「怒りもない」


「………」


「憎んでもいない」


「………」


「ただ消えて欲しいって思ってる」





その通りだ。


だから記憶から消えた。



この男の顔も、母の事も私は自分で消したのかもしれない。



二人はリュウジさん―――榊家に引き渡された。



セリの言った通り二人をどうするのかはあの人が決める事だ。





「さようなら――――」





二人が連れて行かれるのを見て思い出した。




アスマにあの答えを聞くの忘れてた、って。



私を母の子供と知って連れ去ったのか―――。






それから急に力が抜けてするりと椿の腕の元へ落ちた――――気がする。







0
  • しおりをはさむ
  • 1612
  • 4061
/ 368ページ
このページを編集する