逆様少女Ⅳ【完結】






私も同じように、かは分からないけれど渚を真似して笑ってみせた。


それを見た椿が鼻で笑う。




「それならさっさと終わらせねぇとな」




何でもない事のように軽くそんな事を言うもんだから私は笑った。



椿の後ろではサトーくん達と話していたコウヤくんが「俺も俺も!」挙手制なのか手を上げながらぴょんぴょん跳ねている。


それがなんだか可愛らしくて私は自然と笑みを零していた。



行きたいなぁ。




トモダチと喧嘩じゃなくて、遊びに―――。










0
  • しおりをはさむ
  • 1612
  • 4061
/ 368ページ
このページを編集する