意地悪な兄と恋愛ゲーム【完】

第一章 /私の苦手な男


「晴斗先輩、かっこいい~」

「超胸キュン!」

「これで1週間、食いつなげる~!」


晴斗が去った後、クラスの女の子達が騒ぎ始めるのはいつもの事だった


一様に顔をホクホクさせながら、その興奮は冷める様子がない


「見た?見た?あの、爽やかさ!まさに、清涼飲料水!」


「私、一つ買いまーす!」


「私、ケース買いしまーす!」


「私、一年分下さーい!!」


「もう全て買い占めますから、私の物になって~!」


学校一のモテ男と縁はないと認めている彼女達は、選択授業で週に1回、奇跡的にこのクラスの前を通る晴斗を、熱い視線で目に焼き付けては、それをネタにキャアキャアと盛り上がるのが楽しくて仕方がない


好きな芸能人を話題にするみたいに、晴斗は誰の手にも届かない雲の上の人だった



「晴斗先輩、彼女いるのかなぁ?」


「転入してきて既に半年だけど誰とも噂になってないよね?」


「帰国子女だし?彼女、外国に残してきてるのかもよ?」


「晴斗先輩の目に止まるような人がこの学校にいないだけじゃないのぉ?」


「それってさぁ、嬉しいようで悲しくない?この間、先輩に告白した2組の子も凄く可愛かったのに、あれでも駄目なの?」


「じゃあ、あたしなんか無理じゃん!」


「うん、絶対無理だわ!」


「ひどぉい!!絶対とか、そこまでハッキリ言う!?」



この半年、晴斗に告白した女の子は数知れず

どんな美人も見事に玉砕で、今学校中、その話で持ちきりだった



「ねぇ、ねぇ、さっきから黙ってるけど、美咲はどう思ってるの?」


突然、話題を自分にふられ、窓の外を見ていた片平美咲は、ぼんやりと皆に顔を向けた


「え、なんか言った?」

 
「だからぁ、晴斗先輩だよ!彼女いると思う?」


「さぁ~」


「気にならないの?先輩の事!」


「全然。私、苦手だもん。あの人…」


「ハァッ?何で!?」


「なんか、意地悪そう…」


「あんた、それ、見る目ないよ…。先輩ってさ、すごく優しいんだって!」


「そうそう、皆、言ってるよ?この前、1組の子が重い荷物を運んでたの持ってくれたんだって~」


「へぇ~」


「それに、サッカー部のマネが足を怪我してるのを毎日家まで送ってあげてるらしい」


「ふぅん…」




「さぁ~」とか「へぇ~」とか「ふぅん…」とか、気のない返しに、本気で信じられないといった顔で美咲の顔を見つめる友人達


その中の一人がぼそりと呟く



「……あんたが求める優しさって、たぶんこの地球上の男達は、持ち合わせてないと思うよ…」







0
  • しおりをはさむ
  • 17
  • 81
/ 213ページ
このページを編集する