真夜中の相談屋敷

【相談4】転校生の友達 /その 1

転校して来て2週間くらいが経った今日この頃、私は最近何かが違うと感じている。

「…舞、全然食べてないじゃねぇか」

「どうしたの?具合い悪い?」

さっきから私のお昼のお弁当を食べる箸がなかなか進まないことに対し、葉月とあきはそれを気にかけてくれている。

…なんだろう…。

私はいつもお昼は葉月の席を囲んで、葉月とあきのふたりと一緒に食べている。

ユウは今、花子さんの所へ行っている。

いい遊び相手が見つかって良かった。とか思いつつ、私は箸を置き教室を見渡した。

みんな友達同士集まってお弁当を食べている。

とても楽しそうだ。

私は葉月達の方を向き直し頭を抱えた。

「お、おい…。どうしたんだよ」

「小野寺さん?」

葉月が作ってくれたお弁当はいつも美味しい。

このふたりと一緒に食べるのは楽しい。

でも…、




「…なんだろう…。この何かが違う感…」





場違い感とも言えるなこれは。



0
  • しおりをはさむ
  • 9
  • 20
/ 460ページ
このページを編集する