真夜中の相談屋敷

【相談4】転校生の友達 /その 4

放課後。

私は荷物を片付けて部活へ行こうと席を立つ。

「舞」

…?

葉月に呼ばれ、私は隣に座っている葉月に目を向ける。

「今日部活ないから」

「え…?なんで…?」

「は?知らねぇの?明日から…」

私はハッとして自分の口を手でふさいだ。

…部活がないってことは…、遊べる!放課後に遊べる!友達と!

葉月は続けて何かを言っているような気がするが、その言葉はまったく耳に入ってこなかった。

莉央はまだ教室に居て、帰っていないということを確認すると、私は荷物を持ち莉央の席に向かった。

「お、おい…、舞!」

葉月に呼び止められたが、私は振り返らなかった。



0
  • しおりをはさむ
  • 8
  • 20
/ 460ページ
このページを編集する