真夜中の相談屋敷 2

【相談10】静かな墓場 /おまけ -あきside-

たくさんたくさん酷いことを言った……僕のこと、嫌いになってないの?

そう訊いたら母さんは笑って、


「嫌いになるわけないじゃない。あきはお母さんの大切な子どもだもの」


と応えた。

そんな母さんにやっと「行ってきます」を言えた。

卒業までまたしばらく会えなくなる別れだったけれど、たまに連絡をしたり、長期休暇に帰ったりできるよね。

今度は「ただいま」を言うんだ、言えるんだ。

なんだか嬉しいな。

そう考えながら僕は、小野寺さんのおばさんが住む家に戻る。

けれどその前に、小野寺さん達と一緒に、おじいちゃんのお墓に行くことにした。

0
  • しおりをはさむ
  • 15
  • 20
/ 459ページ
このページを編集する