真夜中の相談屋敷 3

卯月エイト
ホラー 140ページ(連載中) 65901字 更新日 2017/09/05 読者 542人 公開 0 0

『会いたい』

想いはただの、ひとつだけ。


鏡に映る自分を見れば、

捜しているのに見つからない、
想う彼女に会うことができる。

けれどもそれは、見え透いた虚像。


幽霊が見えるこの力で、
今夜も彼女を捜すため、

『相談屋』は相談に乗りすぎよう。



いつか彼女を見つけるために。

いつか自分を見つけるために。





※この作品はフィクションです。
実在の人物、団体、事件等とは一切関係ありません。



【追記】
■本作における霊能者の情報は物語の進行上、作者が設定したものです。実際の情報とは異なる箇所がありますのでご了承ください。


■『イイね!』ありがとうございます!
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 6
  • 20
このページを編集する