天然美少女×孤高の狼 1 完

転校 /放課後



屋上を出たあたしは忘れ物を取りに教室へ向かった。
だってバッグの中見たらお弁当が入ってなかったんだもん。


…きっと、机の中だろうなー。




今日は色々な事があってもう疲れた。
もう駄目だ…頭がパンクしそう



薫君には、もう会わないようにしなきゃな
まぁ、会えないと思うけど。


これはあたしの勘だけど薫君はあっちの世界の人だと思う。
きっと、あの金髪頭も。
あたしの勘だけど…そんな気がするんだ。
まぁ、見た目からもTHE不良って感じがするけどね。



そんな人達となんか関わったら
この街にわざわざ来た意味が、無い。




大好きな彼等と離れた意味が無くなる






  • しおりをはさむ
  • 874
  • 471
/ 390ページ
このページを編集する