天然美少女×孤高の狼 1 完

龍王 /出会い

‘ガチャ’っと、薫クンがドアノブに手をのせる前に何故だかドアの開く音がした。


誰か来たのかな…もしかして総長さん?


うわ、どんだけタイミング悪いんだよ…


あたしが少し大きい薫クンの背中からヒョコッと顔を出すとそこに立っていたのは…



  • しおりをはさむ
  • 874
  • 471
/ 390ページ
このページを編集する