好 き の 内 側 を 見 せ て 。

17+









「 会社の、っていうから男もいるかと思った 」


「 みおちゃんと、って言わなかった? 」


「 聞いてない 」


「 ふふふ 」


「 でも雨だから 」


「 そうだね、ありがとう 青葉さん 」


「 どういたしまして 」


「 で、なんであの喋り方なの? 」


「 え? 」





俺、なんか変なこと言ったかな?と気にしている青葉さんは多分仕事用の口調になっていたことに自分では気づいてはいない。






言ってなかった?と首を傾けた那加は、多分俺がやきもちを妬いて迎えに来たという理由がくっついているのに気づいていて知らない振りしてくれている。







( そんなところも好きなんだけど )









0
  • しおりをはさむ
  • 211
  • 40
/ 174ページ
このページを編集する