好 き の 内 側 を 見 せ て 。

29










おめでたい報告のあと、青葉さんは大層驚いてそれから喜んでくれてこれは大切なことだからと約束を決めた。



一、体調が悪い時は無理をしないこと
一、家事全般を自分にフォローさせること
一、病院に行く時は自分も連れていくこと
一、通勤を車に変えること




それから最後に、と。



「 俺のことも時々構うこと、わかった? 」



と、少し恥ずかしそうに言ったものだから、こっちまで恥ずかしくなってふたりで顔を赤らめて笑った。



それでも青葉さんを職場で必要としている人はたくさんいるわけで、わたしが帰れたとしても青葉さんはきっとそうは行かないので朝は青葉さんと車で帰りは電車で帰ることを無理に了承させた。それでも、心配症な青葉さんは辛い時は早く帰れるよう調整するからと念押しを忘れなかった。



リーダーになって出張も増えて、ましてや仕事が出来るから必要とされている青葉さんが忙しいことは同じ職場に務めるわたし100も承知でそこに文句を言うつもりは毛頭ないということを少しは分かって欲しいものだけど。



そんなはなしをしてから何週間後かのはなし。







0
  • しおりをはさむ
  • 211
  • 40
/ 174ページ
このページを編集する