好 き の 内 側 を 見 せ て 。

04










そんなこんなで御影さんのことを振り回してしまい実家にて反省中の私と、例の出張以降忙しさ極まりない御影さん。




「 ねえ、最近帰って来すぎじゃない? 」

「 青葉さんと喧嘩でもしたの? 」




さすがに母にも突っ込まれるようになり、喧嘩じゃないなら家で大人しく帰りを待ったほうがいいんじゃないとも言われ、そんな頼りのない子に育てちゃったかしら、とまで言われる始末。




「 浮気されてたりして 」





!!
そんな要らないことを言うのはたまたま子どもを連れて実家に帰省していた兄、那生ちゃん。なんでお前みたいなのにあんなハイスペック男が……とまで言われる始末の妹とは。




そして、そんなのは自分が1番よく分かっているというのがこれまた辛いところ。




「 ……浮気…… 」

「 いや、もしかして本気とか…… 」




ま、ありうるかもな。と那生ちゃんは容赦がない。那生ちゃんの膝の上でコクリコクリ船をこぎはじめた子どもを軽々抱っこして帰りの用意をする姿はあんなに適当だった兄とは別人である。



( ……御影さんなにしてるかな、 )




携帯にも連絡はない。
出張先でも涼しい顔して人の何倍も働いてるんだろうな……





0
  • しおりをはさむ
  • 211
  • 40
/ 174ページ
このページを編集する