覇王~Blue Moonstone ~ 第四部【完】

年末恒例 /穏やかな時間




クリスマス気分からすっかり年末を感じる

訳はあらゆる所に書いてある

「年末大売出し」の文字


昨日は時間の取れたママと

1日買い物をしたり大掃除をしたり


少しだけお正月用のおせちやなんかの

下ごしらえとかもした


忙しいママだけど

頻繁に連絡をくれるし

なにかあればどんなに遠くにいても

忙しくても飛んできてくれる


実は向こうにもママは何度も来てた

それを言うとパパやお兄ちゃんが

うるさいから内緒にしようねって決めたんだ


そう言うパパも社長さんとして

支社に行く時には

なんだかんだでママとデートしてるのは

アタシとお兄ちゃんは知らないふりしてる

バレバレだけどね?


ママが言ってた

パパはママの事もアタシの事も

信用してくれてるから

離れる事を許してくれるんだって



「もうねぇ?
 ママはパパと結婚できて幸せ
 パパって最高でしょ?」


『だよねぇ?
 んでもあっくんも最高だよー』


「そうねぇ…
 みぃちゃんは昔からアキラくんだもんね
 でも暁人くんの事もちゃんと…ね?」


『うん…暁人、大好きだもん…』


「ねぇねぇ…
 この前、言ってたさー」


ママは平気でガールズトークを繰り広げる

最近は暁人との事もいっぱい話してる

アタシをからかったり冗談も言いながら

でも最後にはちゃんと

アドバイスもしてくれるママ


毎日、一緒にはいれないけど

アタシは十分、満足なんだ

0
  • しおりをはさむ
  • 4421
  • 5494
/ 420ページ
このページを編集する