社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】

□consultation







あれから雑貨屋さんでお弁当箱を書いスーパーのタイムセールにも参加し、さあ帰ろう!と歩いていた時。





「あーっ」





道ばたでいきなり叫んだ私が、しまったと感じ口を塞ぐよりも前に心の中がスーッと…


詰まったようなモヤモヤは一気に吹き飛んでいった。





「思い出した…」





思い出したというのは、つい数時間前のエレベーター内で会った会った気がする高山卓土さんの事を。


その高山さんといつ会ったのか思い出した…


目の前でウィーンと動く自動ドアを見て。





「昨日の…」





高山さんは昨日電車で痴漢にあった私を助けてくれた人だ。


昨日の出来事だったのに、今の今まですっかり忘れていたなんて…



0
  • しおりをはさむ
  • 535
  • 862
/ 634ページ
このページを編集する