社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】

□home delivery service






『だーかーら、気になるならダーリンに聞きなって』





拓斗さんに聞けたらこんな事を青葉に相談したりしない。





『こっちだって意外と大学忙しいんだからね?』

「ごめんね…」

『まあいいけどさ…。聞けないなら優子のかわりに聞こっか?ダーリンと元カノとの関係と、ついでに黙ってる理由も全部聞いてあげるよ』





怖くて聞けないけど青葉に聞いてもらうなんて間違っている。


大事な事だから自分で聞かなくちゃいけない。





「大丈夫。自分で聞く…」

『それ言うの何回目?』





あの日以来私は毎日のように青葉に電話しているから何度目に…





『とにかく今日絶対に聞きなよ。講義あるからもう切るよ?ちゃんとダーリンに聞くんだよ??』



0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 858
/ 634ページ
このページを編集する