社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】




キッチンで何かをしている時に退いてくれとは言いづらいだろうし。


だから悩んで拓斗さんはこっちをじーっと見てるのかな。





「あの、拓斗さん。珈琲淹れようと思うんですけど飲まれますか?」

「あぁ」





朝から拓斗さんに珈琲をいれたり、朝にこんな風に話すなんて。


入籍翌日にああ言われてやりたいと思ってもなかなか実行できなかったけど、それが今出来てるという現実に心から嬉しいと思ってる。





「はい。拓斗さん、お待たせしました」





コトッとテーブルに珈琲を置きその隣にはとりあえずトーストを置く。


その隣にスクランブルエッグを置く。


えーっと、次は…





「優子」





椅子に座った拓斗さんが私の名前を呼ぶ。



0
  • しおりをはさむ
  • 534
  • 861
/ 634ページ
このページを編集する