社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】

□sighting






「拓斗さん。おはようございます」

「あぁ、おはよう」





今日も拓斗さんより早く起きてお弁当作りをし、拓斗さんの朝の珈琲を淹れてその隣には朝ご飯を並べていく。


そんな朝が馴染んできたのはもうすぐで入籍した日から2ヶ月に差し掛かる頃。





「優子」

「なんですか?」

「いい忘れていたが…」





なんだろう?


拓斗さんが新聞から私に視線を移す。





「今日は休みだ」

「えっ」





今日は土曜日だから拓斗さんが休みでも不思議ではない日。





「てっきり今日も仕事だと…」





拓斗さんは常に忙しくて休日だろうと平日だろうと関係ない。


だから、今日もお仕事だと思っていた。



0
  • しおりをはさむ
  • 535
  • 862
/ 634ページ
このページを編集する