社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】

□one's first love






「こんにちは」

「こんにちは」





同じマンションに住んでる人に挨拶をしながらオートロックを解除をする。


そしてエレベーターに乗り込む。


初めてマンションに来た時はオートロック解除もエレベーターも、何もかもが新鮮に感じてたのに今では‘いつもの様に’になっている。


ふぅと溜め息を吐きながら思うのは、もう拓斗さんは帰ってきているのかな?って事。


ホテルに入っていったって事はお泊まりして明日の朝にでも帰ってくるのかな?


お泊まりだとするなら明日の朝ご飯はどうしよう…


思いきってメールで拓斗さんに聞く?


朝ご飯はそちらで食べてくるのですかって。





「鍵を鞄から出さなくちゃ」





しまいこんだ鍵を鞄の中に手をつっこみごそごそと探る。



0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 858
/ 634ページ
このページを編集する