社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】

□confession






‘別れます’


それは離婚を意味する言葉で、拓斗さんにもその意味がちゃんと伝わっているはず。


私は拓斗さんが好き、とてもとーっても大好き。


だけど拓斗さんの好きな人は私ではなく初瀬さんで、そして初瀬さんも拓斗さんの事が大好きなんだ。


だから私が出来る事は1つだけ。


身を引く事しか出来なくてそうすれば拓斗さんはずっと幸せでいられる。





「だから」





言いたくなかった言葉を勢いとは言えあっさり言えちゃう自分にビックリしてる。





「だから…!」





唇を噛み締め笑顔を作る。





「バツ2にはならないで下さい」





私って可愛くない。


幸せになって下さいを言いたいのにそれしか言えなかった。



0
  • しおりをはさむ
  • 536
  • 862
/ 634ページ
このページを編集する