社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】




拓斗さんの事だったんだ…


拓斗さん!と名前を呼ぶと拓斗さんは少し驚愕したような表情になって。





「部屋に戻っていたのか」

「ごめんなさい」





いつからここで待っててくれたの?





「いや、いい」

「本当にごめんなさい…。私戻ってて」





サラッサラに乾いた拓斗さんの髪も火照ってない肌も、かなり前にお風呂からあがった事を物語ってる。





「あの、拓斗さん…!」





前を歩く拓斗さんの背中を見つめながら口を動かす。





「こんな事言っちゃ駄目だけど。私すっごく嬉しいです」





ここで私を待っていてくれた事が嬉しい。


申し訳ない気持ち以上に凄く嬉しいの――…






0
  • しおりをはさむ
  • 534
  • 861
/ 634ページ
このページを編集する