社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】




「今夜から…。優子のベッドはここ一つで充分だろ」





うそ…


毎晩こうして拓斗さんの横で温もりを感じて寝られるの?





「寝相悪いですよ」

「寝相が悪い優子を見たい」

「ね、ごとだって…」

「寝言を言う優子も見たい」





当然だろ?と拓斗さんはフッと微かに笑い私を抱きしめた。


これからきっと何度も拓斗さんとキスしたり、こうして抱き合ったりするんだと思う。


だけど今日の事は絶対に忘れない。


スキンシップをした瞬間から拓斗さんが口にした言葉まで何もかも全部忘れたりしない。





「明日も早い事だ」

「はい」

「もう寝るといい」





私は頷き拓斗さんの胸元に顔を埋めた――…






0
  • しおりをはさむ
  • 534
  • 861
/ 634ページ
このページを編集する