社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】

■short story 5 /part-time job







「拓斗さん…」

「駄目だ」

「どうして駄目なんですか?」





さっきから同じ言葉の繰り返しで、拓斗さんは呆れたようにハァと溜め息を吐きだし視線を外した。





「何か理由があるなら私にちゃんと言って下さい」





理由があるなら聞きたい。


それなのにこの話題になってからずっと拓斗さんは駄目しか言わない。





「とにかくだ。優子がなんと言おうとそれを許す気はない」

「別にいいじゃないですか」





思わず心の声が口から出ていく。





「優子は何か理由があるのか?それ相応の理由があるなら言ってみろ」

「それは…」

「言えないのか?必然的な理由があってそうしなければいけない状況ではないのか??」



0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 858
/ 634ページ
このページを編集する