社長の旦那と恋知らずの妻(わたし)【完結】

■short story 6 /present







「はぁぁぁぁああ!?」





一際大きな青葉の声がカフェに響く。


カフェと言ってもここは以前来たことがあるオープンカフェで、だから店内にいる人だけではなく、通行人の人達が青葉の発した大声に何事かと振り返る。





「ちょ、青葉…!お願いだからもう少し声小さくして」





青葉は普通にしてて声が大きい。


そんな青葉が大声出せば大変なことになってしまう。


それなのに――





「ワンモア!」





バンッとテーブルを叩いた後、ドサッと座った青葉がそう言った。


それにしても青葉ってどうしてすぐに立ち上がるんだろう?





「じゃあ静かにしてね。どこから言えばいい?」

「ダーリンが戻ってきた所からよろしく」



0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 858
/ 634ページ
このページを編集する