【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


Memory Piece―夢織姫奇譚3―(完結)

Memory Piece―夢織姫奇譚3―(完結)

kaku
ホラー 83ページ(完結) 48714字 更新日 2009/05/29 読者 4543人 公開 0 0

  
 夢の底。そこには、哀しき「死」を迎えた者に、「夢」を与える者達がいた。
その世界に紛れてしまった少女は、自分に関する「記憶」を、完全に失っていた。
 そして、その世界の住人である、夢織姫(ゆめおりひめ)と出会う。
 何もわからない少女は、何故か、どでかい月が暗闇に浮かぶ中、英国式にセッティングされた、アフタヌーンティーを体験することになる。
 そこで、少女は夢織姫に、自分が遠くに見える高い塔の天辺にいたこと、そして一人ではなく、もう一人連れがいたこと、さらに「現」に戻そうとしたことを嫌がって、塔から飛び降りたことを教えられる。その連れとは、一人の若い青年であり、彼も自分自身の「記憶」を失っていた。
 それぞれに、夢織姫から「カノ」と「カレ」という名前を付けられ、二人は、失った自分の「記憶」を探し始める―。



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 16
  • 10
このページを編集する