木蓮ひらりのレビュー

清潔な想い

投稿者: 101010 2010-08-22 19:14

おとなしくて人見知り、綺麗なのに恋愛と縁遠い少女、木蓮と彼女を見守る幼馴染みの友実。二人の日常や家庭、恋愛が瑞々しく、繊細に描かれている物語です。
 
とにかく清潔で、思春期の美しさに溢れている話なのですが、何より友実の木蓮への気持ちを「恋をしている木蓮を見たい」という言葉で表している作者様に脱帽です。上手すぎる。
 
好奇心ともお節介とも違う、友達への想い。木蓮が恋をすることを望む友実自身はすごく恋愛に臆病で、ちょっとしたことで嬉しくなったり落ち込んだりするのが愛しくて、何て可愛いんだろうと感動してしまいました。
 
人物の描写もさることながら、温泉街という舞台、さりげない描写に滲む空気や温度も素晴らしいです。これからの展開を、心から楽しみにしております。