アルキメデスの誘惑

晩餐会 /マダム


ドリフト走行で右折したマイバッハが見えなくなると、わたしとマユミは観音寺家の本邸に案内された。


玄関先と思われる入口には、観音開きの剛鉄の扉。


その扉が内側からゆっくり開き、いよいよ、館の内部に足を踏み入れる。


予想通りというか……エントランスの天井はとても高い。


しかし、開放感はゼロ。


なぜなら……鉄、鉄、鉄。


見渡す限りのオールアイアン仕様になっていて、通路に敷かれた絨毯まで鉄色という徹底ぶり。


威圧感満点のエントランスで待つこと少々。


「お待たせしてごめんなさい。こんばんは、ようこそ」


気品漂うマダムが、登場した。







0
  • しおりをはさむ
  • 1808
  • 5895
/ 369ページ
このページを編集する