私が好きになった人は......先生でした

章タイトル未設定

高校2年生の春。
私はある定時制の学校に通っていました。
新しいクラスは2年1組でした。

「いってきまーす」
「いってらっしゃい」

私の名前は 坂上 美琴
(さかがみ みこと)
よく みーこ や みけ と呼ばれています。
両親と三姉妹の5人家族です。

「みーこ!」
「わっ!華野、おはよう」

この子の名前は 相川 華野
(あいかわ はなの)
小学校の頃からの親友です。

「ねぇねぇみーこ?今日から新しい先生が来るらしいよー?」
「軽音部の顧問になってくれないかな?楽しみ!」

私は軽音部の部員でした。
ですが顧問の先生が異動になって、新しい先生がいないか期待していました。

この日から私の恋ははじまりました...

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 0
/ 10ページ
このページを編集する