雨音

story1. /赤い傘の中




今からちょうど3年前。




俺は高校を卒業してから進学も就職もせず、フリーターとして日々の生計を立てていた。


大学や専門学校へ行ってまで更に勉強とかやりたくなかった。
その前に進学する程の金も持ち合わせてなかったし。


ましてや正社員として働く社会人なんて考えもしなかった。




つまり、当時の俺には保育士の『ほ』の字にすら触れることなく、ただただバイトに明け暮れる毎日。


特別これっといった夢や目標もなかったし、とりあえず食って生きれればいい。

そんなフリーターらしいフリーターをしていた。




0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 109ページ
このページを編集する