禁断の恋だって分かっていても好き。

禁断の恋だって分かっていても好き。 /上手くいかない恋

とぼとぼと、変わり映えのしないアスファルトの道を歩く。



好きな人が出来たからと彼を振った。
その後は、好きな人にアタックする。



好きな人にアタックって、普通簡単なんだろうな〜。



私には難しい。



私の好きな人は、アタックするには近すぎるんだ。



「おっ、亜美。どこ行ってたの?」



後ろからトントンと肩を叩かれた。
後ろを振り向かずとも誰かなんて分かっちゃう。
だって、その人が私の好きな人だから。



『お、兄ちゃん。・・・おかえり。』



隣を歩くスーツをきっちり着こなした私の好きな人。



「ただいま。亜美はどこ行ってたの?」



『友達とファミレスでお茶。』



「そっか、今度俺たちも外食しよう。」



『うん。』



2人で、外食・・・デートじゃん。



って、何考えてんの私。



「ただいま〜。」



『ただいま。』



私たちの帰りを出迎えてくれる声はない。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 21ページ
このページを編集する