七色セツナ。1【完】

第1章 はじめまして。 /真季乃





「おっし、これでいいんじゃね?

つか、最強じゃね?」


腕を組んだコタが、
クラス全員の名前を、各種目に配置して、
うんうんと頷く。


「ん。

じゃあこれで、実行委員会に提出するよ」


ユカも頷く。


「コタ。

おつかれ」


そう声を掛けて、席を立ったのは
アシンメトリーの長めのショートカット。


サラサラの黒髪の襟足だけ、赤のメッシュ。


背は、160ないくらい。


右耳には、サファイアのピアス。


ライブハウスbarを経営する父親から
入学祝いに、もらったと言う。


「真季乃」


阿部 真季乃(アベ マキノ)


美人だが、男嫌いである。


物心ついた頃、真季乃の母親は家を出ていった。


原因は、父親だった。


自分はゲイだと、カミングアウトした。


自分の父親がゲイだと知っても、
真季乃は父親を嫌いには、ならなかった。


母親がいないという事を感じさせないほど、
父親は愛を注いだ。


0
  • しおりをはさむ
  • 122
  • 3431
/ 367ページ
このページを編集する