七色セツナ。1【完】

第3章 波乱の体育祭 第二部 /side 真季乃







side 真季乃


「あれ...?

またそれ?」


隣にいる花凛ねーさんは、
ミツヤに向かって、ため息をついた。


思ってもみなかった答えに、
ミツヤも私も、黙って花凛ねーさんを見つめた。


「報告受けて、どーすんの?私」


「報告?」


ミツヤも分かっていない。



「どこの誰が言ってた。

…って、報告だよね。

ああ、そーですか……。

ってしか、言えないよね?

あと……何?真季乃だったら」


「え?」


「もしくは、ミツヤだったら?」


花凛ねーさんは、私とミツヤに質問してきた。



0
  • しおりをはさむ
  • 126
  • 3595
/ 367ページ
このページを編集する