七色セツナ。1【完】

第3章 波乱の体育祭 第二部 /やましくねェ。





「それは、分かるな」


再び、グラウンドに視線を戻した朱羽。


「どれが?」


逆に、真季乃は朱羽を見た。


「花凛の言う、
告白じゃなくて、報告だってのも……

お前が言う、
どこまで、踏み込んだらいいかってのも……」


「……」


「・・・俺が、女に興味を持ったのは初めてだ。」


「・・・言わないの?」


「今の俺では、無理だ。

俺は、何も持っていない。」


「どういうこと?」


「今の関係を壊したくない……とか
そんな小せェ事は、言いたくねェ。

逆に、今のままじゃダメだって事だ。

今の関係以上になるために、
俺は、しなきゃいけねェ事がある。」


「ふーん……

しなきゃいけない事、か...

あ!

次、花凛ねーさんとコタだよ」


0
  • しおりをはさむ
  • 125
  • 3555
/ 367ページ
このページを編集する