七色セツナ。1【完】

第5章 元カノ /噂話は、人目を気にして





春の爽やかな気候は、瞬く間に立ち去って

天気予報では
今年は、例年より早く梅雨入りしそうだと、
気象予報士が告げ始めた6月。


今日も空は曇天で、夏服のシャツでさえ
この湿気で、肌に張り付いてくる。


「不快指数とは、よく言ったもんだ……」


あと10分程で、
昼休みが終わることを告げる
チャイムが鳴る……。


「次の授業は、なんだったっけ...?」


屋上の給水タンクの上で
寝転びながら
灰色の空に吸い込まれていく紫煙を
ぼーっと見ながら
恭弥は、ボソッと呟いた。


0
  • しおりをはさむ
  • 122
  • 3432
/ 367ページ
このページを編集する