七色セツナ。1【完】

第5章 元カノ /side 虎太朗







side 虎太朗




俺は、ヒトコトで言えば、女が苦手だ。


いわゆる、シングルマザーのお袋は、
俺と弟2人を育てるために、
保険のセールスレディをしている。


人望が大事な仕事だ。


朝早くから、夜遅くまでは勿論のこと
休みの日だって、客の所を回ったりしている。


小さな頃から、あまり家には居ないお袋だが
朝飯は一緒に食べ、夜は遅くなる時は
出掛ける前に食事を作って、冷蔵庫に入れておく。


「アンタ達は男だから、
違法な事以外だったら、何しても構わないけど
ご飯だけは、しっかり食べなきゃダメよ」



女っ気がない家で育ったせいか、
俺は、女と話すのは苦手だ。


0
  • しおりをはさむ
  • 125
  • 3557
/ 367ページ
このページを編集する