七色セツナ。1【完】

第5章 元カノ /トラブルの予兆





「コタの元カノ?

へー……」


興味を持ったのか、
恭弥は給水タンクから降りて、
コタの前までやって来た。


「で?

そのエリちゃんは、まだコタが好きなんだー?

で?

コタは?

好きなわけ?

そのエリちゃんを」


恭弥はコタの肩に腕をまわし、顔を覗き込んだ。


「好きも何も...

中坊の付き合うなんて、付き合う内に入んねーだろ」


「そんな……

だって、エリは……」


黙って聞いていた朱羽が、口を開いた。


「もし仮に、その女が
虎太朗とヨリを戻したいと思っていたとしても
お前がそれを、虎太朗に言う権利はあるのか?」


0
  • しおりをはさむ
  • 126
  • 3591
/ 367ページ
このページを編集する