七色セツナ。1【完】

第6章 片瀬宏晃という男 /男たちの算段





昼休みが、あと15分程で終わろうとした頃
それまでスピーカーから流されていた
アニソンが、ピタッと止まり


『1年2組
倉沢朱羽さん、西園寺虎太朗さん、藤谷恭弥さん
至急、生徒会室までお越し下さい』


「くう~!

サビ前だったのに!

あんな所で切るなんて!会長め~」


お菓子を頬張りながら、ユカが怒っている。


「つーか、何よ?

あんたら、何かしたの?」


雑誌を見ていた真季乃が、疑いの目を向ける。


「さあ、なんだ?」


コタも不思議そうな顔をしている。


「・・・会長と面識あったんだ?」


今まで寝ていた花凛が起きだした。


ちなみに美雪は大会が近いため、
昼休みも練習に出ている。


「メンドーだけど、今から呼び出しって事は、
次の授業は、出なくていいんだな?」


と、恭弥が喜んでいる。


0
  • しおりをはさむ
  • 126
  • 3598
/ 367ページ
このページを編集する