七色セツナ。1【完】

第7章 事件 /いちご味。コーヒー味。





「やっぱ、真季乃休みか?」


朝のHRが終わり、
空席になっている真季乃の席を見て
後ろに座る花凛に、コタが話しかけた。


「うん。そーみたい。

昨日、blueでは?」


「少し早めに上がってたけど。

具合が悪そうには見えなかった」


メールの着信音が聞こえた。


「あ、生存報告が来たよ。

……ああ、熱あるって。

夏風邪かな?

今日、バイト出れるかなって」


「あー今日、モチダさん休みなんだよ」


「おお、それは大変だ!

じゃあ、私出るよ。

コタがカウンター入ったら、
フロアいないもんね?」


「え!?

花凛ちゃん、今日バイト!?」


恭弥が、花凛の隣までやって来た。


0
  • しおりをはさむ
  • 125
  • 3552
/ 367ページ
このページを編集する