七色セツナ。1【完】

第7章 事件 /事は動く。





「朱羽、おはよー」


「はよ」


花凛の頭にポンと手をのせ、自分の席に着く。


「んで?

なんで虎太朗の席に、恭弥が座ってる?」


花凛の前の席、コタの椅子に座り
真後ろに向いて、微笑む恭弥。


「コタは、まだ来てねーし。

花凛ちゃんと
お話してたんだよねー」


「真季乃は、また休みか?」


「うん、まだ熱が下がんないらしいの。」


「今日もバイトか?」


「うん。

今日は元々、シフト入ってたし」


「今日は店に行くからねー。

花凛ちゃん、一緒に帰ろうね?」


首をコテっと傾けて微笑む恭弥に、花凛が


「恭弥……。

最近、暑いからTシャツ着てないの?」


「うん。

Tシャツだけはダメだって、
ヤマちゃんに言われたから。

Tシャツ姿の方が好き?」


0
  • しおりをはさむ
  • 124
  • 3536
/ 367ページ
このページを編集する