七色セツナ。1【完】

第8章 嫉妬 /1年2組の騎士たち





「心配かけた?ごめんね?」


土日も含め、4日間寝込んでいた真季乃が
月曜日の今朝、やっと登校して来た。


「季節の変わり目は、気をつけなきゃダメだよ?」


「うん、ごめんね。

花凛には、バイトも入ってもらっちゃって……

しかも、その時に何かあったらしいじゃない?

親父から、少し聞いたんだけど...」


「あ、うん。

その事ね」


ちょうど担任が教室に入って来て
一時間目は、自習だと告げた。


担任が出て行くと


「ちょうどいい。

・・・お前ら、ちょっと話がある。

扉も窓も、全部閉めろ。

お前ら、真ん中に集まれ」


コタが、クラス全体を見渡す。


0
  • しおりをはさむ
  • 122
  • 3435
/ 367ページ
このページを編集する