七色セツナ。1【完】




笑顔を取り戻した美雪を見送ると、
教室も廊下も、誰もいなくなった。


朱羽と花凛だけが、ぽつんと取り残された。


「ねえ。

さっき、なんて言ったの?」


「ん?」


「さっきの女の子たちに。

なんて言ったの?

朱羽が何か言ったら、
急に走って行っちゃったよね?」


「・・・聞きてーのか?」


「えっ?

うーん……

聞きたいような、聞きたくないような……」


そう言って唸りだした
花凛の左隣り
”定位置”に、朱羽は立つ。


朱羽は、フッと笑って花凛の頭に手を置いた。


「どうしてもって言うんなら、教えてやるよ。

それよりホラ、行くぞ」


  • しおりをはさむ
  • 130
  • 3734
/ 367ページ
このページを編集する