七色セツナ。1【完】

第8章 嫉妬 /side 朱羽







side 朱羽



家に帰ると、倉庫の前に
兄貴のチームの現役と、OBが何人かいた。


その中に、俺のツレのリョウと大輔もいた。


「朱羽!おかえり!」


大輔が気付いて、手を振っている。


「ああ」


近付いて行くと、皆が一斉に振り向いた。


「朱羽。

聞いたぞ、昨日の話」


「15人だって?」


「しかも、大輔とリョウが
いらなかったらしいな?」


「最近、大人しくなったと思ってたが、
やっぱりお前は、鬼の血を引いてんだよ」


「朱羽、いつになったら正式に入るんだよ?」


「もういいだろ?

朱羽に、正式も何もあるか」


こいつらは、どうしても俺を
夜天使に入れたいらしい。


面倒になって、家の方に行こうとすると
駐車場に、見た事のない新車が停まっていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 122
  • 3435
/ 367ページ
このページを編集する