七色セツナ。1【完】

第9章 笑えない理由(ワケ) /バスでの騒ぎ




・・・・・次の日の日曜日

 AM9:30



真季乃は、親戚の結婚式が行われたホテルで
ユヅルと、朝食バイキングを楽しんでいた。


「次は和食で攻めてみよう」



コタは、自宅で爆睡中。


弟に揺さぶられても、ピクリとも動かない。


「兄ちゃん!生きてる?腹減ったんだけど!」



ユカは、弟のタケルとスーパー丸屋の
朝一タイムセールに来ていた。


「タケル!
生チョコアソートが、おひとり様2つまでだって!」



恭弥は、バイト先で早くも一服中。


「コスプレ無料レンタル付き?

ペガサスより、こっちがいいな...」



朱羽は、教習所で学科中。


「・・・・・・」


0
  • しおりをはさむ
  • 122
  • 3432
/ 367ページ
このページを編集する