七色セツナ。1【完】

第1章 はじめまして。 /決起集会?




店に着いたものの、
一気に、十数人が座れる席はなく、
何人かで空いている席に座った。


そのテーブルには
窓側からコタ、恭弥
その向かいに朱羽、花凛、真季乃


そのソファ席は
恭弥のお気に入りらしく、
既に座っていたカップルに
貫くような視線を投げつけ、
ありえないスピードで、完食させていた。


「もうどこでも
花凛ねーさんの左には、朱羽がいるよね!?」


真季乃が朱羽に、鋭い視線を投げる。


「・・・そーか?」


朱羽はそれを、あっけなく跳ね返す。


「本人よりも、朱羽の方が
ねーさんの左側の顔、見てるんじゃないの?」


「……」


「いーもん。

今は、私が右側ゲット」


「バカだなあ、真季乃ちん。

正面が一番いいに、決まってるでしょ?」


恭弥がスマホをいじりだした。


0
  • しおりをはさむ
  • 124
  • 3538
/ 367ページ
このページを編集する