七色セツナ。1【完】

第1章 はじめまして。 /side 真季乃







side 真季乃



花凛ねーさんの、飾らないところが好き。


色っぽくて、女のアタシでもドキドキする時が
あるのに”女”を武器にしてないというか、
サバサバしていて
思わず「ねーさん」と呼んでいた。


花凛ねーさんのご両親は、
市内で一番大きなホテルでシェフをしている。


普段は
そこで働いているけど、全国チェーンのホテルのため
各地方のホテルで、パーティーやレセプションなどが
あると
そこに応援という形で、出張が頻繁にあるらしい。


だからなのか、小さい頃から何でも一人で
こなしていたらしい。


小学4年で、鯵を3枚におろしたんだとか。


とても同じ年とは思えない、大人な雰囲気は
花凛ねーさんの、最大の魅力だ。


0
  • しおりをはさむ
  • 122
  • 3431
/ 367ページ
このページを編集する