七色セツナ。1【完】

第1章 はじめまして。 /アルバイト





「いずれ、調理師免許は取るつもりだから、
勉強の意味でも、いいかもね」


「花凛ねーさんなら、大歓迎だよ!」


花凛の言葉に、笑顔を隠せない真季乃。


「そう言えば。

教習、通うんだろ?」


コタが、朱羽に尋ねる。


「ああ、来月から」


「金は、出してもらえんだろ?」


「・・・ああ、ウチは土建屋だからな。

免許類は必須だ。

俺が二輪取れば、こき使えると思ってんだよ。

親父は」


「いーじゃねーか。

手伝いくらい。

教習代、出してもらえんだ。

安いもんだろ。

ウチは、ダメだな。

教習代と単車は、自分で稼がねェと……」


「単車は、兄貴のツテで安く入る」


「マジか。

さすがだな。

でもやっぱり、今からでも稼ぎ始めねェと……

おい、真季乃。

お前んとこ、男は雇わねーのかよ?」


0
  • しおりをはさむ
  • 126
  • 3597
/ 367ページ
このページを編集する