七色セツナ。1【完】




そして、俺の隣りに座る花凛は
ブレザーの時も、カーディガンの時でも、その胸が目立つ。


リボンをつければ、そこにノっているのが分かるし
ネクタイにすれば、その膨らみを沿って垂れている。


未だに私服だと、小学生に間違われると嘆くユカは
花凛に、どうすれば下着売り場で


「お嬢ちゃんには、まだ早いかな」


と言われず、すんなり購入できるのかを、
メモとペンを持ち、聞いていた事があった。


いや、別に聞き耳を立てていたわけじゃねェ

隣の席なんだから、聞こえてくんだろ?


そん時は
ウルセー虎太朗は遅刻で、まだ来てなかったし
恭弥は
「今日の事務のオネーサン、タイトスカートだぜ」
って声を聞いた途端、教室を飛び出して行ったし……



「小5からブラジャーしてたから覚えてない……」



・・・マジで、ここに恭弥がいなくて良かった……。



マジで、花凛の胸は凶器だ。


俺だけじゃねー。


少なくとも、クラスの男どもは全員見てる。




このクラスの女子は、4人だけだからなーー。







0
  • しおりをはさむ
  • 124
  • 3501
/ 367ページ
このページを編集する